役に立たない用語集

(総登録数:195) 最終更新日:2004年10月24日(日)


記号

(爆)(ばく)

  1. 主に文末に使い,文章のニュアンスを補う.ちょいと意味するところが難しいが,「馬鹿げたこと言ってるなぁ」とか「終わってるよ・・・」というときに使う.あまり普及していないらしい.友人AMに対するメールで使ったら異常にウケていた.
  2. 「(火暴)」と表記する人もたまにいる.
  3. 強調形に「(核爆)」などがある.こちらも「(木亥火暴)」と表記する人がいる.

[←先頭へ]

(笑)(わらい)

  1. 最近ではかなりの普及率を誇るこの文字.主に文末に使い,文章のニュアンスを補う.もちろん,「ジョークだよん」というような意味である.
  2. インタビュー記事などのときは,本当にそこで笑いが起こったということを示しているようだ.
  3. 突然ですが,これを読むとき,なんと読みますか? 私は「しょう」と読んでいたんですが,世間では「わらい」らしい.
  4. ついでに,これを打ち出すときはどう入力しますか? (単語登録している人は別ね) 私はかっこを書いた後に「笑う」と入力して「う」を消すんだけど,これも「笑い」のほうが多いんだろうか.

[←先頭へ]

A

ATOK(えいとっく)

  1. ジャストシステムの日本語入力システムの名称.「MS-IMEよりATOK!」とばかりにMS-IMEのほうをこき下ろす人は多い.
  2. しかし,そんなものは慣れだと思う.
  3. ATOK の名称は「阿波徳島(AWA-TOKUSHIMA)」から付いたと言う俗説がある.
  4. JUST SYSTEM社は「Advanced Technology Of Kana-kanji transfer」の略であると主張.しかし,なぜあまり意味のない「of」のほうを残してまで「transfer」を無視したのかは謎.
  5. とか言ってたら,Ken氏より新たなる説「Ascii TO Kanji」が披露された.もはやわけわからん.個人的意見ではユーザーはASCIIコードを打っているわけではないから誤解では?と思う.たぶん.おそらく.
  6. 「えいとっく」と読むのが普通.
  7. と思っていたら「あとっく」も正式名称らしい.大学のころ所属していた研究室のボスはこちらを使っていた.

[←先頭へ]

C

C++(しーぷらぷら)

  1. プログラミング言語.もともとC言語というのがあって,それをオブジェクト指向向けに拡張したのがC++だと聞いた.ちなみに,「++」というのは,C言語において「+1」を表す演算子である.
  2. 由来は上記の通りなのでC+という言語はない.
  3. 某さんはポスペがつぶやくC++という単語を疑問に思い,「新手のビタミン?」と思っていたそうだ.ビタミンC++なんかよく効きそう.ちゅーか,強そう.(by 八木山ねーさん)

[←先頭へ]

H

HTTP(えいち・てぃー・てぃー・ぴー)

  1. Hyper Text Transfer Protocolの略.WebサーバとWebブラウザの間の通信プロトコル.
  2. なんてことは知らなくてもネットサーファーならURLの接頭語としてお馴染み.
  3. 同僚Kが言うには通信業界では「はとぽっぽ」と言うらしい.ほんとかどうか知らない.

関連用語:→TCP/IP

[←先頭へ]

HP(えいち・ぴー)

  1. インターネットのホームページの事.・・・しかし,不注意にHPという略称を使うと「それはヒューレット・パッカードのことだ!」と断固として主張する人もいるので注意が必要.(どっちでもええやん,略称重なることなんていっぱいあるんやし)
  2. ロール・プレイング・ゲームなどに出てくるキャラクターのパラメータのひとつ.Hit Point の略.キャラクターが受けるダメージの許容量を示す数値で,0になると「行動不能」あるいは「死亡」を意味する.

[←先頭へ]

I

iMac(あい・まっく)

  1. Macintoshコンピューターの一機種.モニターといったいのスケルトンボディが目印.
  2. 信奉者にはかっこよく映るらしいが,僕にはそう思えない.スケルトンが嫌いなせいかもしれない.
  3. 先輩のI氏は「青リンゴ」と命名.
  4. 某メールニュースでは「白リンゴ」と呼ばれていた.
  5. しかし,外見はリンゴというより「青いおにぎり」である.

[←先頭へ]

I'm coming!(あいむ・かみんぐ)

  1. 「今,行く!」の意.
  2. これを説明するがために我が高校の英語の先生は,「今,来っちゃ!」って富山弁でも言うでしょ」と言っていた.まあ,言わんでもないが,「今,行くちゃ」のほうが自然な気はする.・・・と思っていたら,姉が「うん,(ふつうに「今,来っちゃ」って)使うよ」と言っていたのでショック.

[←先頭へ]

K

K(けるびん)

  1. 絶対温度の単位というヤツだァ!
  2. -273℃が0K.一単位の大きさは摂氏と同じだから換算は楽.つまり,273Kが0℃.
  3. 見てくれに騙されて華氏だと思う人もいるらしいが,それは°F(ファーレンハイト)だよ.

関連用語:→華氏温度

[←先頭へ]

N

Nifty Serve(にふてぃ・さーぶ)

  1. パソコン通信の雄.
  2. 略称は「NIF」.出資会社「日商岩井,富士通」の頭文字から付けられたという.
  3. そんなわけで,同じ富士通系列のInfowebとはいとこの関係.(意味不明)
  4. とか言っていたら Infoweb と統合して @Nifty になってしまった.

[←先頭へ]

P

PHS(ぴー・えいち・えす)

  1. Personal Handy-phone Systemのこと.
  2. 携帯電話と(システム的に)どう違うのかいまだに分かりません.
  3. 「ピッチ」とも略す.
  4. 某有名RPGにおいてパーティ編成システムのこと.……「へんせい」って,あんた……

[←先頭へ]

R

R・田中一郎(あーる・たなかいちろう)

  1. ゆうきまさみ氏の漫画「究極超人あ〜る」の主人公.天然ボケアンドロイド.
  2. その名に冠せられている「R」の元ネタはアイザック・アシモフのSFシリーズである.
  3. 彼はしばしば「ロボットじゃないですよ,アンドロイドですってば」という発言を繰り返すが,自分の名前の「R」が「ロボット」の略であることを分かっているのだろうか.

[←先頭へ]

S

SS(えす・えす)

  1. ShortStory(ショートストーリー)の頭文字.意味はそのまんま.ショートショートとも.
  2. SegaSaturn(セガサターン)の頭文字.セガエンタープライゼスが開発した32ビット家庭用ゲーム機.
  3. Side Spotlight(サイドスポットライト)の略.舞台の両サイドから照らす照明の総称.
  4. Service Station(サービスステーション).要はガソリンスタンドに付属しているドライバーのための施設らしいが,車に乗らない人間なのでよく分からない.
  5. Sapporo Soft(サッポロソフト)のこと.焼酎.めったやたらと安い.その実態は工業用アルコールだ,いや,メチルアルコールだなどと散々な噂が流れている.CMで「何杯でも〜」と言われているが,よっぽど好きじゃないとそんなに飲む気はしない.
  6. 「さつま白波」.焼酎.北のSSこと「サッポロソフト」と並んで南のSSと呼ばれているらしい.が,味には天地の差があるそうだ.

[←先頭へ]

summation(さむめーしょん)

  1. 合計・和のこと.
  2. 講義中,先生が「さんめんしょん」とやたらと言うので何かと思っていたらこれだった.
  3. 私は「3次元」と勘違いしていた.
  4. ちなみに,「3次元」は「Three dimension」であり,全然発音が違う.
  5. どおりで話が通じないはずだ.

[←先頭へ]

T

TCP/IP(てぃー・しー・ぴー・あい・ぴー)

  1. Transmission Control Protocol/Internet Protocolの略.インターネットで使用されているネットワークプロトコル.
  2. 同僚Kによると,業界での略語は「とこぴっぴ」.ほんとかどうか甚だ疑問.

関連用語:→HTTP

[←先頭へ]

あ行

あかまる(あかまる)

腹が立つこと.岩見沢ローカル.

(例)なま,あかまる〜.(すんげぇ,腹立つ〜)

[←先頭へ]

あずましい(あずましい)

北海道弁.居心地がいい,おちつく等の意味.

[←先頭へ]

頭にチューリップ(あたまにちゅーりっぷ)

  1. うちでは寝ぼけたことを言うと「頭にチューリップ咲さいとるがんでないがんけ」とたしなめられる.姉が言い出した.同義語に「頭に花咲いとる」がある.
  2. ちょっと(いや「だいぶ」か?)前に頭に生花を飾るのが流行っていたらしいが(私は実物を見たことがない),その様子をTVで見て,「プッ,頭に花咲いとる・・・ククク」と笑っていたのは私.

[←先頭へ]

抗う,争う,諍う(あらがう)

  1. 従わないで争う.抵抗する.逆らう.
  2. 負けずに言い返す.言いたてる.言い争う.
  3. 私はしばしば「あがらう」だったか「あらがう」だったか分からなくなる.

[←先頭へ]

いじくらしい(いじくらしい)

  1. 富山弁.「わずらわしい」こと.年配の人しか使わないかも.
  2. 自分がいまいち富山弁が分からない人間であることを日々感じておりますが,この「いじくらしい」と「だやい」の違いが分かりません.誰か教えてください.

[←先頭へ]

いずい(いずい)

  1. 北海道弁.聞くところによると,「目にゴミが入ったときの感じ」とか,「傷ぐちがかゆい感じ」を表すのだそうが,どうもぴんと来ない.
  2. あるとき,教食に行くときに「知ってた?「いずい」って方言なんだよ」と言っていたとしゃべっている女の子がいた.当たり前だろ!

[←先頭へ]

一汁一菜(いちじゅういっさい)

  1. おかずが一品の汁と一品の菜だけの食事.粗末な食事.
  2. K氏によると「青汁のような物」
    その心は「一つの汁に野菜1つ分入っている」だそうだ.
  3. しかし,青汁は野菜1つで済まないぐらい入っていそうだ.

[←先頭へ]

いっつもかっつも(いっつもかっつも)

「いつもいつも」の意.富山弁.おばちゃん言葉のような気もする.

[←先頭へ]

犬吠埼の葱(いぬぼうさきのねぎ)

  1. 音痴のこと.その心は「調子(銚子)っぱずれで節がない」.
  2. 父が言ったのだが,あまりに高度で誰も分からなかった.
  3. 出典があるのかどうか分からない.

[←先頭へ]

岩見沢ローカル(いわみざわろーかる)

  1. 石狩在住のH氏によると,岩見沢でしか通じない方言というのはよくあるらしい.
  2. 岩見沢在住の同僚Kもみとめている.
  3. しかし,一般に同じ北海道人からみて「分からない」とよく言われるのは函館弁である.
  4. が,函館出身の我が母上に言わせると,分からないのは浜言葉だそうで,町の人の言葉はわかるのだそうだ.
  5. しかし,私が思うに,函館弁は東北弁の影響が強いのだと思う.

[←先頭へ]

ウオヅリアン(うおづりあん)

魚津人のこと.ローカルな地名ではあるが,蜃気楼が出る町として知ってる人は知っているかもしれない.この手の造語の中では語感が一番気に入っている逸品.決して釣り人のことではない.が,なんとなくそれを連想させる.

[←先頭へ]

失なかす(うしなかす)

紛失すること.牛を鳴かせることではない.富山弁.

[←先頭へ]

歌れんか(うたれんか)

私が2才ぐらいのときに録音したカセットに入っていた謎の言葉.どうやら,TVのみんなの歌を見ているらしいときに,「ママ,うたれんか!」と言っていた.おそらく,「歌われんか」なのだと思われるが,そんなことよりもこの時期にしてすでに方言バリバリであることに感慨を覚える.

[←先頭へ]

えーさま(えーさま)

ようするに絵のこと.富山弁.もっとも,共通語で言う「絵」の意味だけなく,図面の意味もある.だから,うちを立てた建築士の人は「はやいうちにえーさま書いて」などと使っていたし,バイト先ではダムの図面をさして「えーさまに色,塗っといて」とも言われたものだ.うちではもっぱら「トランプの K,Q,J 」のこと.

[←先頭へ]

エアクッション(えあくっしょん)

  1. 正式名称不明.高級菓子などの箱に緩衝材として入っている直径1cmぐらいの円に空気を溜めたものを並べたような形をしているビニール製の物.
  2. 円の直径が大きいものもたまにあり,見かけると嬉しくなってしまう.
  3. 「人はなぜこれを見るとつぶしたくなるのだろうか」と哲学的な思いにふけりつつプチプチ音を立てさせながらつぶすべき物.
  4. とある翻訳本に「子供の頃,壊れ物を包んでいるエアクッションをプチプチつぶして遊んでいませんでしたか」と書いてあったのを発見,洋の東西を問わずやるこたぁ一緒だ,人間って素敵だなぁと世界平和な気分に浸る.
  5. I先生,人がヘリウムを汲んでいたときにつぶさないでください.凍ったゴム管にひびが入ったかと思うじゃないですか!!
  6. 引越しのときにこの梱包材は「エアキャップ」という名称で請求されていた.これが正式名称なのか?

[←先頭へ]

営団地下鉄(えいだんちかてつ)

今は「東京メトロ」なんぞと改称されてしまった東京の地下を駆け巡る地下鉄の会社.正式名称の「帝都高速度交通営団」という大上段に構えた名前が大好きだっただけに残念.

[←先頭へ]

オタリアン(おたりあん)

小樽人のこと.某漫画の題名に良く似ている.

[←先頭へ]

踊るバイオリン(おどるばいおりん)

Gさん的にはコンサートマスターの事らしい.

[←先頭へ]

オヤジギャグ(おやじぎゃぐ)

  1. しょうもない駄洒落.
  2. わりと地位の高い人が発することが多いため,反応に困る.
  3. しかし,私はこれに弱い.

[←先頭へ]

隠密同心こころのえ(おんみつどうしんこころのえ)

  1. 兄がごくごく小さいときに言った.出典は時代劇「大江戸捜査網」の「隠密同心心得の帖」という例の決まり文句である.
  2. ちゅーか,筆者自身,物心ついて最初に見たTVの記憶ってこの「大江戸捜査網」なんすけど,こりゃ普通なんすかね?

[←先頭へ]

か行

〜が(が)

強調,疑問などを表す接尾語.富山弁.アクセントで意味を変える.尻上がりになると疑問形.

用例:「行くが?(行くの?)」「行くが!(いくの!)」

[←先頭へ]

(か)

富山弁で「これは」の意.地域によっては「きゃ」になる.

(例)か,何け.(これ,何?)

[←先頭へ]

華氏温度(かしおんど)

  1. 華氏の単位は °F.けっしてKではない.なぜ「華氏」なのかといえば,創始者Gabriel Daniel Fahrenheit(独1687 - 1746)の名前に中国では「華倫海」を当てるからである.
  2. ファーレンハイトは,人間が手軽に作れる最低の温度を0度(1710年ごろなんで塩水とアンモニアの混合物が凍る温度を取ったそうな),人の体温を100度にしてその間を100等分したものを仮決めし,そこから水の凝固点を32°F ,沸点 212°Fを割り出して,定義とした.
  3. なんて面倒な・切りの悪い定義なんだ!しかも,体温100°Fって,37.7℃だぞ,おい.

関連用語:→K

[←先頭へ]

かたげる(かたげる)

  1. 「かたむける」の意.富山弁.
  2. 私はかつて化学実験のレポートに「金属板をかたげていれたためらしい」と書いて,赤線を引かれ,「?」を書かれた.
  3. 通常,敬語で方言をしゃべるのは難しいのだが,この言葉はすんなり出てきてしまう.

[←先頭へ]

学会(がっかい)

  1. 学術研究を目的とした,学者の組織・団体.
  2. 上記組織の会合.そう,学会とは「学術的会合」の略だったのである.
  3. 同僚Kがその友人に「今度先輩と一緒に学会に行くんだけどさー」と話したら相手が一歩ひいたそうである.よくよく話してみると,「創価学会」に行くんだと思われていたんだそうな.これって,普通の認識ですか?

[←先頭へ]

かっぱえびせん状態(かっぱえびせんじょうたい)

やめられない止まらない状態.

[←先頭へ]

蕪菁(かぶら)

  1. かぶのこと.大根みたいで丸い野菜.
  2. このごろ,この言葉がすぐには通じないことに気付いた.・・・でも,方言じゃないよ・・・辞書にも載ってるもん・・・たぶん・・・
  3. ホースなどのジョイント金具に「カプラー」という物があるがまるで無関係である.(by caretaker)

[←先頭へ]

かまたなもなも(かまたなもなも)

  1. 区切ると「か/また/なもなも」.一応,富山弁だが,若い人は使わないだろう.姉が鱒寿司屋にバイトに行ってパートのおばちゃんたちから仕入れてきた.
  2. 意味はなんとも説明しがたい.呆れたときやイラついたときに使ってみよう.
  3. 友人Cは私がこれを使うと,いつも,「これはまたなにもなにもと頭(とう)の中将が・・・」と言っていた.枕草子にこういうくだりがあるのかどうか私は知らない.

[←先頭へ]

可山優三(かやまゆうぞう)

大学の成績で可が山ほどあって優が3つほどのこと.

関連用語:→健康優良児

[←先頭へ]

加山雄三(かやまゆうぞう)

永遠の若大将.

[←先頭へ]

がんぐろ(がんぐろ)

  1. 「顔が黒い」説と「がんがんに黒い」説がある.
  2. ちゅうか,私はこんな言葉は聞いたことが無い.

[←先頭へ]

気の毒な(きのどくな)

「わざわざ,すいませんねぇ」の意.富山弁.「あれぇ,気の毒な」という具合に使う.西方系の言葉だと思う.

[←先頭へ]

キャベツを煮たらいけない説(きゃべつをにたらいけないせつ)

いや,そのままの意味なんですが.研究室のボスN先生の持論である.これ故に,研究室で鍋をするときは,キャベツを入れてはいけない.

関連用語:→パネル式ポインティングデバイス健康に悪い説

[←先頭へ]

旧帝大(きゅうていだい)New!!

  1. 旧帝国大学の略.第二次大戦前に設立された官立大学.北から北海道帝国大学,東北帝国大学,東京帝国大学,名古屋帝国大学,京都帝国大学,大阪帝国大学,九州帝国大学.それぞれ,現在の北海道大学,東北大学,東京大学,名古屋大学,京都大学,大阪大学,九州大学である.
  2. ずっと,九帝大なのだと思っており,帝大は9つあるのだと思っていました.(数の面から「七帝大」と言うこともある)
  3. と言ったら,後輩O君が,京城帝国大学(現:ソウル大学)と台北帝国大学(現:台湾大学)を加えて「九帝大」と称していたのだと教えてくれた.そ,そうなのか?(この2つは日本統治時代に設立)

[←先頭へ]

教食(きょうしょく)

教養食堂のこと.Iは「体育館で食べてるみたいでいやだ」と言っていた.広い.

[←先頭へ]

教養(棟)(きょうよう(とう))

教養部というものがなくなり,旧教養なわけであり,正式名称は「高等教育機能開発総合センター」なのだが,誰もそう呼ばない.治安が悪く,痴漢がでたり,盗難が起きたりするそうだ.あな,おそろしや.(でも,被害に遭ったことはない)

[←先頭へ]

ぎる(ぎる)

某ゲームの貨幣単位・・・ではなく,北海道弁で「盗む」の意味である.最近はどこででも通じる.

[←先頭へ]

クシコスの郵便馬車(くしこすのゆうびんばしゃ)

  1. 「クシコスポスト」としても知られるピアノ曲である(たしか).有名なので,聴けば判る人も多いであろう.クシコスの郵便馬車MIDI
  2. 疑問なのは,なんであんなに切実なメロディなんだろうということだ.速達が溜まっていたのだろうか.それとも危険物でも配達しているのだろうか.
  3. ところで,「クシコス」というのは「馬」の意味だそうだ.ということは,「クシコス・ポスト」で「郵便馬(車)」だから,「クシコスの郵便馬車」という曲名は「馬から落馬」並みな言葉である.

MIDIはラインムジーク(調和のひととき)からいただきました.

[←先頭へ]

紅蓮腕(ぐれんかいな)

  1. 漫画「るろうに剣心」の登場人物,ししおまこと(漢字忘れた)の必殺技.
  2. モデルは琴月ではなく大爆殺らしいぞ.

[←先頭へ]

〜け(け)

疑問を表す接尾語.富山弁.ヴァリエーションとして「〜がけ」「〜がんけ」があるが,「〜がけ」は西,「〜がんけ」は東で主に使われるらしい.尻上がりにはならない.

[←先頭へ]

けった(けった)

  1. 自転車の事である.どうやらフォッサマグナ以西では「けった」以東では「ちゃり」になるらしい.
  2. だからといって「原けった」とは言わない.

[←先頭へ]

県歌(けんか)

  1. 県の歌.
  2. 長野県民はたいてい長野県歌を歌える.そんな県,他にはない.
  3. 私なぞ,25にして初めて富山県歌の存在を知ったぞ.(曲はまだ知らない)
  4. と言ったら,県庁職員(40代?)に「教育が足らん」と言われた.そうかなぁ.
  5. もっとも,長野県歌「信濃の国」は明治32年にできた由緒正しい歌だが,富山県歌は昭和30年代の国体あわせで作ったものだからなぁ.
  6. 筆者の父は富山県歌はもちろん富山市歌も歌えるようだ.やるな!

[←先頭へ]

健康優良児(けんこうゆうりょうじ)

  1. 健康状態がよい児童の事.
  2. 大学の成績で優や良が多い事.

関連用語:→可山優三

[←先頭へ]

豪華絢爛(ごうかけんらん)

  1. きらびやかで美しいさま.
  2. けっして「ごうかじゅんらん」ではない.
  3. 友人Nがこの言葉に続けて阿鼻叫喚と言いたくなる,と言っていた.もちろん,なんでやー,とつっこみは入れておいたが,なぜか納得してしまった13歳の春.

[←先頭へ]

ごうわく(ごうわく)

  1. 播州弁.「むかつく」「はらたつ」ということ.
  2. 「強姦」と「誘惑」の混じった言葉だろうかと一瞬,ほんの一瞬だけ思った私は多分,鬼畜.

[←先頭へ]

声に出して読みたい日本語(こえにだしてよみたいにほんご)

  1. 音読を通して日本語の美しさを感じ取ろうというコンセプトの元に古今の名文を集めた本.ベストセラーになった.
  2. うーん,知ってる文章が多いな,さすがに.
  3. この本に「隠密同心心得の帖」を加えてほしいと友人NKが言っていた.諸手を上げて賛成する.

[←先頭へ]

コギャル(こぎゃる)

女子大生のことだと思ってました.

[←先頭へ]

コスメフリーク(こすめふりーく)

友人の説明によると「化粧オタク」だそうだ.

[←先頭へ]

炬燵(こたつ)

史上最強の眠気誘発装置.みかんがあれば完璧.

[←先頭へ]

護美箱(ごみばこ)

「護美箱」ってさぁ,どう考えても当て字だよね.だって,「ごみ箱」って単語になってりゃ「美を護る箱なのね」と思えるけど,「ごみ」だけだったら,とても「美を護っている物体」とは思えないもの.

[←先頭へ]

コレクション(これくしょん)

  1. 美術品・骨董品などを集めること.また,集めたもの.収集品.
  2. 依然,うちで荷物を整理していたところ,ずいぶんと古い切手がたくさん出てきた.母に「これ,誰が集めとったんけ?」と訊いたところ,「そんな執念深いことするのお父さんかおじいちゃんに決まっとるねか」と言われた.執念深くないとコレクターなどやっていられないという含蓄を含んだ名言である.

[←先頭へ]

さ行

(さ)

富山弁で「それは」の意.地域によっては「しゃ」になる.

(例)さ,困ったのぅ.(それは困ったなぁ)

[←先頭へ]

サザエさん化現象(さざえさんかげんしょう)

アニメ・漫画・小説等でいくら時間が経っても登場人物が年を取らない事をさす.

[←先頭へ]

サザエさんシンドローム(さざえさんしんどろーむ)

  1. K氏が言うには「切った物が全部つながっていること」だそうだ.たぶん,それは岩見沢ローカルであろう.
  2. 豆腐でこれをやらかしたときには,さすがに敗北感を感じた.

[←先頭へ]

さし(さし)

  1. ものさしのこと.
  2. すんません,これちゃ共通語でないがですか?
  3. 「さしで勝負だ!」というのは物差しでチャンバラ(死語)することではないと思われます. (by caretaker)
  4. その場合,アクセントが違うであろう.

[←先頭へ]

三角錐(さんかくすい)

円錐をみて「さんかくすい」だと思っている人は多い.「さんかくすい」という単語を聞いて円錐を思い浮かべている人も多い.

[←先頭へ]

宍戸(ししど)

白状します.ずっとこの苗字を「穴戸」と書くのだと思っていました.

[←先頭へ]

疾風怒濤(しっぷうどとう)

  1. Strum unt Drank.18世紀末のドイツでおきた自由主義的文学運動.ゲーテやシラーがこれに属する.
  2. わたくしの座右の銘.
  3. これに続けて「電光石火ー,注意一秒ー,シャッターチャンスー」と歌いたくなってしまう.すまん,分かる人だけ分かってくれぃ.

[←先頭へ]

〜してあたる(してあたる)

「〜させてもらえる」の意.たぶん,富山弁.

用例:「書かしてあたる(書かせてもらえる)」「さしてあたる(させてもらえる)」

[←先頭へ]

紙幣(しへい)

  1. 金属貨幣の代用として流通する紙の貨幣.さつ.
  2. 日本の紙幣の正式名称は「日本銀行券」
  3. 万札だとなかなか無くならないのに,くずしたとたんあっという間に無くなってしまうのはなぜだろう.

[←先頭へ]

シミュレーションゲーム(しみゅれーしょんげーむ)

  1. 複雑な軍人将棋.
  2. よく「シュミレーションゲーム」と発音される.

[←先頭へ]

しゃーん(しゃーん)

  1. 「そうなのだ」の意.「しゃーん?」と語尾が上がれば「そうなの?」の意味.富山県東部の方言.
  2. ちなみに,フランス語だと「シャーン」は「犬」.

[←先頭へ]

しゃんしゃん(しゃんしゃん)

次の会話文から富山弁「しゃんしゃん」の意味を類推せよ.

「こないだから,うちのがぁ,調子ようなくてぇ」

「あの頃の年代の男ちゃあ,今までしゃんしゃんできとろう,ちょっと都合悪いとすぐ死ぬようなこと言うてぇ」

「そいが,そいが」

うーん,分からんでもないんだが正確なところはちょっと……

[←先頭へ]

宗教の勧誘(しゅうきょうのかんゆう)

「うちは創価学会です」と言って断るとよいそうである.

[←先頭へ]

シュレディンガーの猫(しゅれでぃんがーのねこ)

  1. 「パブロフの犬」と並ぶかどうかは知らないが,学問上有名な猫.
  2. しかし,犬は実在の存在だが,猫は実在の存在ではない.

[←先頭へ]

女子大生(じょしだいせい)

果たして「女子の大学生」のことなのか,「女子大の学生」のことなのか.

[←先頭へ]

じょっぴんかる(じょっぴんかる)

  1. 鍵をかけること.北海道弁.
  2. 最近はここまで言わないけど,「かぎをかる」ぐらいは普通のようだ.母が言うには「閂の形状をしている錠のことをさす」んだそうだが,聞いているかぎりは錠前一般について言っているようだ.昔と今とで意味が違うのであろうか?

[←先頭へ]

白いお台場(しろいおだいば)


(撮影協力:群青氏)

お台場の新土産品.北海道銘菓「白い恋人」に喧嘩を売っているとしか思えない.(確信犯だろうな)

[←先頭へ]

ジンギスカン鍋(じんぎすかんなべ)

  1. 中心が盛り上がった専用の鍋で羊肉などを炭火で焼いて食べる料理.
  2. 北海道人は花見というと酒盛りというよりジンギスカンである.(結局,酒盛りもするんだが)

[←先頭へ]

ジンパ(じんぱ)

「ジンギスカンパーティ」の略.花見の時期はまず間違いなく行われるため,札幌ではコンビニで使い捨てジンギスカン鍋なる物が売られており,数多くの家で七輪が備え付けられ,たいていの人が炭を扱える.

[←先頭へ]

新聞の勧誘(しんぶんのかんゆう)

「新聞屋が勧誘にきたら"日経とってます"と言うといいよ」と言われた.半信半疑だったが,実際,効果があると分かった.

[←先頭へ]

スタグフレーション(すたぐふれーしょん)

  1. stagflation.不況と物価上昇が併存する状況.stagnation(停滞)とinflationの合成語.
  2. 私はこの単語を聞くとグスタフ・マーラーを思い出してしまう.もちろん,全然関係無い.

[←先頭へ]

スベスベマンジュウガニ(すべすべまんじゅうがに)

  1. いるんです,本当にそんな名前のカニが.青っぽくて毒があるらしい.
  2. どこの誰がこんな名前を大真面目に付けたんだろうなぁ.

[←先頭へ]

すまっこ(すまっこ)

  1. 隅のこと.たぶん,方言.
  2. 「須磨っ子」ではない.
  3. 少なくとも,京都府北部では使われない.が,大阪出身の男性が使っているので意味は知っている.大阪では普通につかわれるのか??(by caretaker)
  4. けど,私は大阪人じゃないし,大阪に行った事がない.

[←先頭へ]

背負い袋(せおいぶくろ)

  1. リュックサックの事.
  2. これも普通の言葉じゃないらしい.友人2人に立て続けに指摘されたが,納得いかない.ただ単に日本語で言ってるだけじゃないか.

[←先頭へ]

せがた三四郎(せがたさんしろう)

  1. 往年の仮面ライダーが扮し,数々のゲームを反則な技でこなしつつ,セガサターンで遊ぶことを強要する.
  2. バシカメであのCMをエンドレスでかけていた.洗脳されそうになった.
  3. 「せがたーさんしろう,せがたーさんしろう,せがさたーんしろ!」と最後の最後で言葉がさりげなく変わる歌が大好きだ.
  4. せがた三四郎はブレイクしてもゲーム売れなくちゃしょうがない.
  5. と言っていたらドリキャスが出て SEGA に見捨てられたらしい.

[←先頭へ]

赤飯(せきはん)

  1. 米に赤小豆を加えて蒸したこわめし.祝いに食べる.
  2. と辞書には載っているのだが,北海道では甘納豆をいれる.
  3. 筆者は甘い豆が親の仇のように嫌いなのでそんなものは食べ物として認めない.

[←先頭へ]

全員(ぜんいん)

でも,発音するときは「ぜいいん」と言っていると思う.

[←先頭へ]

洗濯(せんたく)

  1. よごれた衣服などを洗ってきれいにすること.
  2. 洗濯の一番の問題は一度すべて片づけても日々洗濯物が増殖して終わりがないことであろう.[類義語:掃除etc...]

[←先頭へ]

前頭葉のない人(ぜんとうようのないひと)

人徳のない人.脳の前頭葉がどうやら倫理的な面を扱っているらしいというところから来ている.

[←先頭へ]

旋盤(せんばん)

  1. 工作機械の1つ.加工すべき物を回転させ,刃物を当てて所要の形に切り削るのに使う.
  2. 友人Mに「今度 旋盤 使うから巻き込まれないようにしなきゃ」と言ったところ,Mは縦にクルクル回ってみせた.それじゃ悪代官に襲われる村娘だよ……

[←先頭へ]

葬式袋(そうしきぶくろ)

母がのたまわった.香典袋のことである.言いたい事は分からんでもない.

[←先頭へ]

ぞっとしない(ぞっとしない)

「ぞっとしない」と「ぞっとする」って同じだよね.

[←先頭へ]

それってさ(それってさ)

筆者が突っ込みいれる時の接頭語.

[←先頭へ]

た行

大儀い(たいぎい)

「大儀だ」とか「大儀な事だ」,これは確かに共通語だ.しかし,「大儀い」などという用法は広島でしかしないぞ,toschよ.ちなみに意味は「だやい」・・・もとい,「おっくうだ,めんどくさい,たいへんだ」ぐらいなもんだと思う.

[←先頭へ]

たう(たう)

長さなどが足りること.とどくという意味かもしれない.広島弁.

[←先頭へ]

駄々(だだ)

  1. 子どもが甘えて言うことをきかないこと.
  2. 友人AMが「『だだ』って何?」「なんで『こねる』なの?」とうるさい.そんなこと知るか!

[←先頭へ]

立ちる(たちる)

立つこと.「立ちっとられ」といえば「立っていなさい」の意味である.富山弁なのだろうか?

[←先頭へ]

だぼ(だぼ)

  1. 播州弁.「あほ」「ぼけ」などに近いが,もうちょっと汚いニュアンスだそうだ.
  2. 発展形が「だぼはぜ」だそうだが,字面だけ見ると魚の名前のようである.

[←先頭へ]

たまごっち(たまごっち)

  1. ずいぶんと長いことこれが何なのか分からなかった.
  2. どうやら,飼育ゲームみたいものらしい.が,そんな面倒くさいもの,やってられない.(リアルタイムで呼ぶらしい)
  3. ところで,たまごっちの製品で「海で発見・たまごっち」というのと「山で発見・たまごっち」というのがあるのだそうだ.同僚Kは,そのうち どこで発見してもたまごっちだということが帰納的に証明されるだろうと推測している.

[←先頭へ]

だやい(だやい)

  1. これもSousuiの連発する基本語.「面倒くさい」の意.
  2. かつて神通大橋(富山の真ん中を流れる神通川下流域にかかる橋)を歩いている時にこの言葉についてしゃべっている女の子2人に出会った.

    A:
    「だやい」ちゃ,いかにも「だやい」感じするよねー.
    B:
    うん.
    A:
    だいたいさ,「面倒くさい」って,め・ん・ど・う・く・さ・い(ここで彼女は指を折って数えていた )て,7文字もあるんだよ,7文字.
    B:
    「面倒くさい」って言うのがだやいよねー.

    私はたいして変わらんと思ったが,だやい感じがするのには賛成である.

用例:

「授業に出んかったが?(授業にでなかったの?)」

「だやいからやめた(めんどうだからやめた)」

[←先頭へ]

だら(だら)

「馬鹿」のこと.富山弁

[←先頭へ]

チーズ饅頭(ちーずまんじゅう)

チーズ・フォン・デュの聞き間違い.俺の耳はかっちゃきだ.

[←先頭へ]

ちぎれとぶ(ちぎれとぶ)

たとえば,指を使う作業をしてたとしよう.キーボード打ちとか,糸巻きとか,そういう単調作業.で,そういうときに
指がちぎれとびそう.
とか,
指がちぎれとぶかと思った.
などと使う.普通の言葉かと思っていたら,普通でないらしい.たしか,姉貴が使い出したのが最初だ.

[←先頭へ]

ちっとする(ちっとする)

  1. じっとすること.富山弁.
  2. しかし,ほとんどが「ちっとしとろ!(じっとしてなさい!)」という命令形で使われているので,終止形としてこれが正しいのか,そもそも終止形なぞ存在するのか分からない.

[←先頭へ]

〜ちゃ(ちゃ)

  1. 富山弁の語尾の1つ.共通語で言えば「〜だよ」ぐらいかなぁ.場合によっていろいろ.
  2. 三重出身のOさんはこれが「かわいらしい」とお気に入り.なんでも,仕事が終わって自分のカップを洗っているときに,係長(40代・男)がやってきて湯飲みを置いていき,「いいちゃ,いいちゃ,あとで洗うちゃ(=いいよ,いいよ,あとで洗うよ)」と言われた瞬間,「可愛らしいんだから,もう,湯飲みぐらい洗ってあげますよ〜」という気になったんだそうだ.

[←先頭へ]

ちゃっちゃと(ちゃっちゃと)

副詞.「さっさと」と同義語.これも方言なのかどうか決め兼ねている.アクセントは
ちゃっちゃ
である.決して
ちゃっちゃ
ではない.

用例:ちゃっちゃとしられんか!(さっさとしなさい!)

[←先頭へ]

ちゃべ(ちゃべ)

  1. 名詞.おしゃべりな人のこと.富山弁.「この,ちゃべめ!!」などと使う.
  2. 形容動詞.「ちゃべな人」というぐあいに使う.
  3. 「あんたはもう,なんでもかんでもちゃべちゃべと!!」という具合にも使う.何にせよ,いい意味で使われることはない.

[←先頭へ]

ちょう・でんどー(ちょう・でんどー)

「先生としゃべるとき,『ちょう,でんどー,みたいなー』っていうしゃべり方したらすんごく怒るだろうねえ」と友人AMが言っていた.

[←先頭へ]

ちんちんかく(ちんちんかく)

知らない人はほぼ間違いなくギョッとするのだが,「正座をする」の意味である.富山弁.「ちんちんかきなさい!」で「正座しなさい!」ということである.しかし,富山でも市内の人や若い人は知らないので使わないほうが良いだろう.

[←先頭へ]

つかえんちゃ(つかえんちゃ)

「差し支えない」「大丈夫,問題ない」の意.富山弁.しかし,似非富山弁の私にはニュアンスのよく分からない言葉.(ちゅうか,生まれて24年にしてはじめて知りました)

[←先頭へ]

津軽海峡が憎い(つがるかいきょうがにくい)

北海道では様々な商品の発売日が本州に比べて遅い.それを身を持って体験したときに口を衝いて出てくる悲痛の叫び.

[←先頭へ]

突っ込み(つっこみ)

個人的見解だが,

だと思う.

[←先頭へ]

つっぺ(つっぺ)

栓のことらしい.北海道弁.

同僚Kによる簡単な応用例:
鼻血がでたときに鼻にティッシュをつめる,あれを「鼻つっぺ」と言う.

[←先頭へ]

つるつる一杯(つるつるいっぱい)

(グラスに水を入れるときなど)「スレスレ一杯」の意.福井弁.
北陸三県のうち,福井だけ言葉が違う気がするなぁ.富山と石川は似た部分もあるんだけど.

[←先頭へ]

ディスプレイ(でぃすぷれい)

  1. 鳥のオスがメスの気をひくため歌ったり踊ったりすること.
  2. モニター.
  3. 商品を展示すること.
  4. ガソリンスタンドでも商品展示をしている.タイヤとかオイルなどで,いかに購買意欲をそそるか競うディスプレイコンテストなんてのもある.それを聞くと反射的に,客を獲得するため踊り狂うスタンドマンを思い浮かべる私です(by caretaker)

[←先頭へ]

でら(でら)

「すごく」の意の副詞.名古屋弁.

用例:「でらえらいでかんわ(すんげー疲れてダメだわ)」

[←先頭へ]

テレビデオ(てれびでお)

テレビ付きビデオのような名前だが,ビデオ付きテレビだと思う.

[←先頭へ]

てんしっちのたまごっち(てんしっちのたまごっち)

パッケージには「たまごっちがねてんしっちになってかえってきたヨ!! おせわになった人間界におれいにきたんだって・・・」と書いてある.おれいにきたんなら世話かけんな!

[←先頭へ]

伝聞形(でんぶんけい)

  1. 人がしゃべった言葉を他の人にそっくりそのまま伝えるときに使う文形.こんなことばが本当に正しいかどうかは知らない.「○○さんが〜って言っていた」という,あの文形である.
  2. しゃべった人がどこの出身であっても,伝えるときは伝えている人の方言になってしまう傾向がある.例えば,友達Aが私に向かって「そうじゃないって言ったでしょ!」と言ったとする.それを私が別の友人Bに伝えると,なぜか「Aさん,『そうじゃないって言ったねか!』って言っとったぜ」となってしまう.Aさんが富山の人でないことは重々承知の上でもそうなってしまう.不思議である.
  3. でも,そういう時Bさんは「Aさんがそう言うわけがない」などとつっこんではイケナイ.話がややこしくなる.

[←先頭へ]

独占禁止法(どくせんきんしほう)

「独禁法」とも略すが,実のところ「独占禁止法」自体が「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」の略.・・・って,なげぇよ.

[←先頭へ]

とぐろまき(とぐろまき)

姉が言い出した言葉.ソフトクリームのことである.我が家では通じる.

[←先頭へ]

どっぺる(どっぺる)

留年する事.ドイツ語のdoppel(二重・複などの意)から来ている.

[←先頭へ]

富山市役所(とやましやくしょ)

兄に言わせると富山市役所の建物はウルトラマンに出てくる科特隊の建物に見えるんだそうな.その心は「てっぺんに逆三角形」.私は科特隊の建物がどんなものか分からないので判断しかねる.

[←先頭へ]

トヤマン(とやまん)

富山人のこと.Germanのように発音すること.一般には通じない.

[←先頭へ]

トランペット吹きの休日(とらんぺっとふきのきゅうじつ)

ルロイ・アンダーソン作曲の(たぶん)管弦楽.休日ならもっとゆっくりしてればいいのに,トランペット吹きまくり.トランペット吹きの休日MIDI(MIDIはhttp://hirururu.hp.infoseek.co.jp/midi/midi.htmlからいただきました)

[←先頭へ]

トンペイ(とんぺい)

  1. 東北大生のこと.
  2. 大学を出て2年,初めてこれが普通には通用しないことを知った.
  3. でも,北大生のことを「ぺー」とは言わない.
  4. トンペイの友人が言うには,一時期,東北大で麻雀が流行り,身を持ち崩す者が続出,市内の雀荘は東北大生一色だったときの名残だと言う.
  5. そういえば,若かりし頃の父(トンペイ)の写真も麻雀やってる姿だった……

[←先頭へ]

な行

な〜ん(なーん)

Sousuiの連発する富山弁.否定語.「いいえ」とか「いや,ちがう」の意.いつも伸ばして発音するわけではなく,軽く「なん」と言ったり,「なん,違う」と接頭語的に使ったり,「なんなんなんなんなん(ひどくなると「なななななん」)」と強調したりする時もある.

用例:「これ,あんたのけ?(これ,あんたの?)」「なーん(ううん)」

[←先頭へ]

名古屋弁(なごやべん)

一般に「みゃーみゃー」言うと思われているようだが,そんな名古屋弁は死滅しつつある.私はどちらかと言うと「りゃーりゃー」言っているように思う.「はよー来りゃーえーがー」という具合に.

[←先頭へ]

七転八起(ななころびやおき)

  1. 何回失敗しても,それに負けず,また勇気を奮い起こすこと.
  2. 人生には浮き沈みが多いこと.
  3. 七回しか転んでいないのに八回起きられるのはなぜだろう.

[←先頭へ]

なまら(なまら)

  1. 「すごく」の意味の副詞.北海道弁.強調形は「なんまら」
  2. I先輩はこの言葉を使う時に優越感を感じるそうだが,わたしは聞いても劣等感を感じない.

用例:「なまらムカつく(めちゃ,ムカつく)」

[←先頭へ]

ナメリカワン(なめりかわん)

滑川人のこと.といっても,ローカルすぎてどこの人だか分からないことウケアイ.ちなみに「滑川」は「なめりかわ」と読む.

[←先頭へ]

二層式風一層式洗濯機(にそうしきふういっそうしきせんたくき)

以前使っていた,一見,全自動風洗濯機.脱水の前に必ず止まるため,二層式と変わらない.3回ぐらいに分けて脱水させなければならない.

[←先頭へ]

(にわとり)

  1. キジ科の鳥.古くから広く飼い慣らされ,種類が多い.翼は弱く,ほとんど飛べない.肉屋卵は食用.鑑賞用の種もいる.頭に赤い肉冠がある.
  2. 「にわとり」と聞いたときに白いの(白色レグホン)を思い出すのは僕が日本人だからでしょうか?

[←先頭へ]

ヌードマウス(ぬーどまうす)

  1. 先天的に無毛のマウス.免疫学の実験で使うらしいけどよくは知らない.
  2. Tさん曰く「セクシーなマウスなんでないか?」
    どんなマウスだ.

関連用語:→ノックアウトマウス

[←先頭へ]

ネコ缶(ねこかん)

  1. キャットフードのちょっと上等なの.缶詰になっている.たいていコーンビーフのような物が入っている.
  2. のつもりでこの言葉を口にしたところ「ネコ缶て言うのやめよう」とI先生に言われた.曰く「サバ缶って言った時に中に入っているのは何であるか」
  3. まあ,たしかに,いまだかつてネコが入っている缶詰は見たことがない.

[←先頭へ]

寝言(ねごと)

  1. 寝ているときに漏らす言葉.
  2. 誰かが馬鹿げたことを言ったときに「寝言は寝て言え!」と突っ込むのはお約束.
  3. 友人MYの「寝言は寝てからいわなきゃ.起きてるうちにいうと戯言よね」は名言だと思う.

[←先頭へ]

ネスケ(ねすけ)

  1. ネットスケープ・ナビゲーターの略.WWWブラウザー(閲覧ソフト).以前は,かなりのシェアを誇っていた.
  2. 現在,Internet Explorerに追い上げられ,抜かれた.そのせいで,無料ソフトになってしまい,さらにはソースまで公開されてみんなで改良を加えていいことになってしまった.
  3. 「無料にして何で食っていくんだろう」と誰かが言っていたが,ネットスケープ社の利益はサーバー関連の商品が主であるから,金が入らなくなるわけではない.
  4. それよりもICQが無料なことの方が不思議だ.
  5. とか言ってるうちにどっちのAOL傘下に.
  6. 「ネットスケープ」というのは会社名であって機能を表すのはむしろ「ナビゲーター」という単語の方なのに「ナビゲ」と略す人は見たことがない.
  7. 同様に「ネスケ」という言葉を「ネットスケープ・コンポーザー」や「ネットスケープ・メッセンジャー」などを指して言う人もあまりいない.
  8. と言っているうちに,ブラウザの名称が「Netscape」になってしまった.開発は7.1で止まるらしい.

[←先頭へ]

熱対伝(ねっついでん)

  1. ほんとうは熱伝対なのだが,これの勉強していた某Wが間違ってそう読んだのだそうだ.
  2. その話を嬉しそうにした,友人AMは,「ねっついでん,てさ,なんか関西弁みたいだよね」と言い出したので,私があきれて「何? 「むちゃねっついでん」とか言うわけ?」と言ってみせたところ,Aは笑死してしばらく立ち直れなかった.
  3. いったい,どういう意味だというんだ.

[←先頭へ]

ねね(ねね)

赤ん坊のこと.関西系の方言か?富山でも言うみたいです.

[←先頭へ]

ねまる(ねまる)

「居座る」「居りつづける」の意.富山弁「なんなん,奥さん,そこにねまっとられ」などと使うところをみると,そう悪い意味は持っていないようだ.

[←先頭へ]

ノックアウトマウス(のっくあうとまうす)

  1. 1対の染色体上にある両方の対立遺伝子を人為的に破壊し,特定の遺伝子の機能を失わせたマウス。
  2. なんだそうだが,私がこの言葉を聴くと思い浮かべるのは,ひっくり返っているネズミである.
  3. ちなみに,ノックインマウスというのもいます.

関連用語:→ヌードマウス

[←先頭へ]

は行

はかいく(はかいく)

墓に行くこと・・・ではなくて,はかどること.富山弁.私は富山弁だと気づいていなかった.祖母がよく言うので,年配の方はこう言うと思っていたのだ.

[←先頭へ]

はがやしい(はがやしい)

「はがゆい」+「いらつく」の意.富山弁.

[←先頭へ]

函商の歌うたい(はこしょうのうたうたい)

  1. 「函館商業の歌うたい」の略.母的にはGray(←表記,あってる?)のボーカルのことだそうだ.
  2. なんでも,母は,函館商業の同窓会で,その「Gray」というのが後輩なんだと教えられたのだそうだ.
  3. Grayを知らなかった母が「知らない」と正直に言うと,その友達は,「娘さんに訊いてみられ,絶対知ってるから」と言われたのだそうだ.
  4. 対して,母は「絶対にうちの娘は知らない」と答えたそうだ.
  5. 母よ,あなたはまったくもって正しい.

[←先頭へ]

ぱちる(ぱちる)

「盗る」「無断でもっていく」.播州弁.デコピンするかのような語感にわびさびを感じる.(意味不明)

[←先頭へ]

鼻医者(はないしゃ)

  1. Sousui的には耳鼻科のことである.「鼻屋さん」よりはだいぶマシである.
  2. しかし,普通の用語でないのは変わらない.
  3. だが,歯科医が歯医者,眼科が目医者と称されるのだから,耳鼻科が鼻医者じゃいけないはずがない.
  4. もしかしたら耳・鼻医者と称さなければならないから駄目なのだろうか?

関連用語:→鼻屋さん

[←先頭へ]

話が走り幅跳び(はなしがはしりはばとび)

話がいきなり突拍子もない方へいきなり飛んで,聞いてる方が思考に助走をつけないと,ついていけない状態(by NON)

[←先頭へ]

話が反復横跳び(はなしがはんぷくよことび)

他の話を交えつつ同じ話を何度も繰り返している状態.(by NON)

例:あの先生の講義,話が反復横跳びしてるんだよね.

[←先頭へ]

鼻屋さん(はなやさん)

  1. Sousui的には耳鼻科のことである.
  2. しかし,誰にも通じなかった.(当たり前である)

関連用語:→鼻医者

[←先頭へ]

パネル式ポインティングデバイス健康に悪い説(ぱねるしきぽいんてぃんぐでばいすけんこうにわるいせつ)

研究室のボスN先生の打ち立てた新しい説.ご存知のようにたいていのノートパソコンはデフォルトのポインティングデバイスがマウスではない.一番多いポインティングデバイスはパネル式のものである.そう,キー部分の手前についていて指で触って動かすアレだ.ボス曰く,「摩擦熱が出るってのはよくない」.なんでも「指先ってのは脳に直結しているからあの刺激はまずい」ということなんだが・・・彼の健康に関する理論はほかに「キャベツを煮たらいけない説」等があるのだが,すこぶる胡散臭い.

関連用語:→キャベツを煮たらいけない説

[←先頭へ]

半跏思惟像(はんかしいぞう)

  1. 弥勒菩薩像に多く見られる,台座に腰掛け,左足を垂らし,右足を左足のひざの上にのせ,右手を頬につけて思考する姿のもの.「はんかしゆいぞう」とも.
  2. NHKを見ていたら,国宝第一号の京都は広隆寺にある「弥勒菩薩半跏像」が出た.とたんに,父が「あら,こんなところに御飯粒がついちゃったわ」とアフレコしていた.半跏思惟も形無しである.

[←先頭へ]

半旗(はんき)

  1. 弔意を示すため竿の先から少し下に旗をとりつけること.
  2. 母は子供の頃,「はんき」を「旗を逆さまに付けること」だと勘違いしており,日本の旗みたいな左右上下対称な旗はどうすればいいのだろうかと悩んでいたそうだ.

[←先頭へ]

ひかり(ひかり)New!!

  1. 初代新幹線の愛称.東海道新幹線で今も残る名前である.
  2. Oさんは,これ自体が,新幹線のことだと思っており,「ひかりのこだま」だの,「ひかりののぞみ」だのがあるのだと思っていたのだそうだ.

[←先頭へ]

(ひかり)

  1. 目に感ずる明るさ.
  2. 光物性研究室.所属する人は周りから「ひかりの人」と呼ばれているが,まるで新興宗教関係者のようだ.

[←先頭へ]

悲愴(ひそう)

  1. 悲しく痛ましいこと.
  2. ベートーベンのソナタ『悲愴』の第2楽章はどのへんが悲愴なのかよく分からん.優しげな印象の美しい曲である.

[←先頭へ]

一鳴き1000キロ理論(ひとなきせんきろりろん)

研究室のボス・N先生の車に乗せられた,某I先輩,運転のあまりの恐ろしさに,「なんでブレーキ使わないんですか!」と言ったら「もったいないから」と答えられたという.すなわち,「ブレーキを踏んでキキッと1回いったら1000キロ走ったのと同じだけタイヤが消耗する」ということらしい.これを「一鳴き1000キロ理論」という.

[←先頭へ]

人の話聞けよ(ひとのはなしきけよ)

  1. Sousuiの口癖.だからといってSousuiが人の話をよく聞くたちであるわけではない.
  2. 最近,とみにこの言葉を口にしたくなる.しかし,たいてい相手は年上なので言えない.彼らは人の話をさえぎらずにいられないのだろうか.

[←先頭へ]

ひょっとこパンチ(ひょっとこぱんち)

かつてSousuiが母と喋っているとき,口を尖らせて見せたら,母は「ひょっとこパンチみたいな顔,やめられ」と言った.「ひょっとこパンチちゃ何け」と訊いたら「ひょっとこがパンチ食らったような顔だ」と言う.笑い死にしそうになった.

[←先頭へ]

ピングー(ぴんぐー)

  1. 「世界一元気なペンギン」だそうである.(うろ覚え)
  2. 首がくびれているペンギンなどペンギンと認めるか!!!

[←先頭へ]

不安定就労若年者(ふあんていしゅうろうじゃくねんしゃ)

  1. 「フリーター」の正式名称.
  2. 以前,友人AMに「今年も不安定就労若年者やじゃー」と手紙を送ったら,「不法就労者よりいいでしょ」と返事が来た.そうかも,と思ったのは騙されてる?

[←先頭へ]

フォアグラ(ふぉあぐら)

  1. 強制肥育したガチョウの肥大した肝臓.トリュフ・キャビアとともに世界三大珍味の一つ.フランス語.foie gras.
  2. うちでは「脂肪肝」と診断された人のことを指す.
  3. ちなみに,脂肪肝とは「肝臓に大量の脂肪が付着した状態.また,その肝臓.栄養過多・アルコール過剰摂取・肥満・糖尿病などが要因となって起こり,肝硬変へ移行することも多い」という,実は恐ろしい状態.

[←先頭へ]

不規則発言(ふきそくはつげん)

議会などでとばされるヤジの正式名称は不規則発言と言うそうだ.ああいう公式の場で飛ばされる野次には僕は腹が立つ.一種の手法なのかもしれないが,議会運営を邪魔しているようにしか思えない.だから水をかけるなどというできごとが起こるのだ.(まぁ,だからって水をかけていいわけじゃないし,とばっちりは水をかけた議員の前にいた速記記録者だろうけど.お気の毒)

[←先頭へ]

プリクラ(ぷりくら)

  1. 長い間,テレクラのようなものだと思っていた.
  2. そう言ったところ,同僚Kに,「あ,やべ! もう,おばちゃん入ってる」と言われた.
  3. 本当は「プリント倶楽部」の略.たまごっち同様,類似品多数.
  4. しかし,一瞬のうちの自分の顔が12枚できてしまう装置がどうしてそんなに流行るのか,私には理解不能である.

[←先頭へ]

雰囲気(ふんいき)

でも,「ふいんき」と発音する人のほうが多い.こういう音の逆転って言語の発展上よくあることなんだってさ.

[←先頭へ]

ペケポン(ぺけぽん)

Windows XP のこと.へたれた感じを醸しだす語感がなんとも心地よい.

[←先頭へ]

へしこ(へしこ)

  1. 魚類の糠漬け.若狭湾あたりの特産品.
  2. 富山弁で鰯の小さいの.「このへしこめ!」などと悪口にも使う.若い人は知らない.
  3. ちょっと前にcareさんに「へしこって知ってます?」と言われ,「きいたことはあるけどなんだっけ?」と返事してたのだが,careさんは特産品の意味で訊き,私は富山弁の意味で答えていたようだ.

[←先頭へ]

べっちょ(べっちょ)

  1. 「ちょっと」の意らしい.

    (例)もう,こんなべっちょしかない.

  2. 岩見沢人と石狩の人が「通じる」と言っているので北海道弁か?しかし,札幌人には通じないようだ.

[←先頭へ]

ホームページ(ほーむぺーじ)

  1. WWWのページのこと.ホスト上にある通常HTMLという言語で書かれているデータをブラウザと呼ばれるアプリケーションで閲覧する.
  2. しかし,この意味で使うと「あれは正しくはWebpageだ」と激しく非難する人もいる.程度がひどいときには,「なら,お前,ぜったいに和製英語使うなよ!」と釘をさしてやりたくなる.
  3. 各サイトのメインページのこと.
  4. ブラウザをたちあげたときに最初に出てくるようにしているページのこと.IEやNNなんかだと,わざわざ家のマークがツールバーにありますもんね.あれを押すと現れるページのことです.

[←先頭へ]

北大(ほくだい)

  1. 一般に,北海道大学の略称は「北大」である.しかし,正式な文書で使われる略称は「海大」である.一説によると,創立の順から東京大学が「東大」を取ってしまったため,東北大が「北大」と略すしかなく,そのため北海道大学は「海大」なのだと言う.事の真偽は東北大の公文書による.誰か卒業証明書でも取り寄せて教えてくだされ.
  2. 最近,とうとう東北大の公文書を見る機会があった.わくわくしながら見てみると――
    ――「研研〜」と書いてあった.
    馬鹿ヤロー!どうせ,研究なんとか部の研究なんとか課の略だろ!外に出す文書にぐらい大学の名前入れろよ,コンチクショウ!

[←先頭へ]

北斗の拳(ほくとのけん)

  1. OPテーマの出だしが「You'are shock」ではなく「You は shock」であったことに俺様Shock.
  2. OPの最後のケンシロウの跳び蹴りが「飛燕疾風脚」に見える私は何かに毒されている.
  3. 世紀末救世主伝説とある.あんなごっつい救世主はいやだ.
  4. この人,誰か救ったの?

[←先頭へ]

補助単位(ほじょたんい)

  1. 10の累乗を表す記号.k(キロ)M(メガ)など.
  2. 「コンピューター上のキロは大文字なんだよね,あれは1024(=210)だから」と工学部出身のある人が言ってたが,じゃあもともと大文字で書くメガやギガはどうなんだ?

[←先頭へ]

ま行

まーや(まーや)

  1. 動詞の終止形+「まーや」で「〜するのはやめろ」の意らしい.広島弁.例えば「行くまーや」で「行くのはやめておけ」だそうだ.
  2. 富山弁に訳すと「行かれんな」である.
  3. と,この言葉を教えてくれた広島出身の友人に言ったら「そんな複雑な活用されたら分からない」と言われた.
  4. そこで,「行かんとかれ」でもいいと言ったらますます混乱したようだ.

[←先頭へ]

まいどはや(まいどはや)

  1. 「いつも,どうも」の意.富山弁.売薬さんはこう挨拶して現れるそうだ.
  2. 私はこれが富山弁だと知らなかった.いや,共通語だと思っていたわけではない.意味を知らなかったため,「私に分からない」→「富山弁でない」→「どっか他の地方の言葉」と思っていたのである.よーするに,年配の人しか言わないのだな,うむ.

[←先頭へ]

まいどはやバス(まいどはやばす)

  1. 富山市内を循環する商工会議所のコミュニティバス.実際の運営は富山地方鉄道が行っている.水色の車体に雷鳥のマスコットが描いてある.一回大人100円・子供50円.どれだけ乗っても100円.
  2. 母はこのネーミングをけちょんけちょうんにけなしていた.
  3. しかし,私はマスコットキャラの「マッチョらいちょう」のほうが気になる.

関連用語:→マッチョらいちょう

[←先頭へ]

鱒寿司(ますずし)

  1. 有名な富山の駅弁.だが,実は奥が深い.

    まず,鱒寿司を作っているところは一つではないことを知っておかなくてはならない.鱒寿司という名前でくくられてはいるが,地酒がたくさんあるように,鱒寿司にもたくさんある.富山の人間なら,「ここの鱒寿司じゃなくちゃ」という鱒寿司屋が1軒はあるものだ.(のれん分けしたところは味が似てるけど)

  2. 最大手は「源(みなもと)」.駅弁もここで作っている.が,富山の人間で「源のが好き!」っていう人はほとんどいない.ぱさぱさしてまずいと評判(?)である.
  3. パッケージは店によって違うので気をつけて買うべし.
  4. わたしは小林のが好きだが,空港でも買える関野屋もいいと思う.うちでは通常,並木であった.(近いから)

[←先頭へ]

まっし(まっし)

  1. 「〜しなさいよ」の意味.金沢弁.動詞の連用形につく.

    (例)行きまっし(いきなさいよ),来まっし(きなさいよ)

  2. 母はよく,「金沢弁ちゃ,な〜ん分からん.なんせ,『行きまっし来まっし』の世界やぜ」と言う.
  3. この言葉を利用した早口言葉(?)がある.「しましまにしまっしま」である.「しましま(縞縞)にしなさいよ」と言う意味である.「ちゃうちゃうちゃうんちゃう」のノリでどうぞ.

[←先頭へ]

マッチョらいちょう(まっちょらいちょう)

  1. 富山市内を循環するバスのマスコットキャラ.富山の県鳥である雷鳥をマッチョにしてしまうという発想に眩暈を感じ,マッチョらいちょうというネーミングに脱力を覚える.
  2. チラシに「マッチョらいちょうって呼んでね!」と書いてあった.呼ぶんかい!
  3. しかし,実はかなり気にいっている(笑).

関連用語:→まいどはやバス

[←先頭へ]

まるぶん(まるぶん)New!!

  1. 業界用語で文部科学省のことである.
  2. 以前,朝日新聞に独法化関連記事が載り,「学長会議の席で「『モンブ(文部科学省のこと)は何を考えているんだ!』と怒号が云々」と臨場感あふれる文章が載っていたが,未だかつてそんな略し方をする先生・事務員にお会いしたことがない.たいてい,ごく普通に「文科省」と言うか,「まるぶん」か(国立大学なら「本省」である.

[←先頭へ]

まるぼう(まるぼう)New!!

  1. 暴力団を表す隠語.マル暴.
  2. 自衛隊を表す隠語.マル防.
  3. ちなみに,私の職場ではまず間違いなく後者である.

[←先頭へ]

饅頭,岩にぶつけたような顔(まんじゅういわにぶつけたようなかお)

母がいいだした表現.チャールズ・○ロンソンと麻原○晃氏がその洗礼を受けている.

[←先頭へ]

水引き(みずひき)

  1. 進物用の包み紙を結ぶのに使うこより紐.吉事の場合は紅と白,金と銀,金と赤などを用い,凶事の場合は黒と白,藍と白などとする.
  2. とあったが,富山では葬式は黄色と白がしばしば使われる.昔から見なれていたので地方限定であることに気付かなかった.

[←先頭へ]

耳かっちゃき(みみかっちゃき)

  1. どこの言葉か分からないが,耳がおかしく,よく聞き間違えるときに使う.
  2. 私は母が言い出したと信じ込んでいたので函館弁だと思っていたのだが,どうやら違うらしい.

    例:あんた,耳かっちゃきなんじゃないがんけ!

[←先頭へ]

や行

やちゅがいぜ(やちゅがいぜ)

姉の口癖.富山弁であることは確かなのだが,必ず通じるかどうかは不明.意味は「やだっていってるでしょ」単語に分けることは不可能と思われる.ちなみにアクセントは

ちゅいぜ

である.

ちゅがいぜ

ではない.

[←先頭へ]

ら行

ラクチーノ(らくちーの)

長時間乗り物に乗ると血の巡りが悪くなり,足がむくんでくるのは周知のとおり.そこで母は足に血圧を測るときのような空気により圧縮できるようなベルトを巻いて周期的に圧迫をあたえるような物を作ったら楽ではないか,という.「ラクチーノ」というのはその商品名だそうだ.発想もさることながら,その安易なネーミングがとっさに口をついて出てくるところがすごいと思う.(でも,ほんとに気持ちいいかも)

[←先頭へ]

臨地実習(りんちじっしゅう)

看護学生の実習を臨地実習と言うらしい.しかし,「リンチ」と略すのはいかがなものかと思う.(でも,みんなそう略す)

[←先頭へ]

レーザー(れーざー)

  1. 単波長で,位相が揃っている光.そのため拡散や減衰が起きにくい.
  2. light amplification by stimulated emission of radiationの略って知ってた?

[←先頭へ]

〜れんか(れんか)

富山弁.弱い命令をあらわす助詞.動詞の連用形につける.「〜しなさいよ」ぐらいの意味かな.

例:「見られんか」「聞かれんか」「しられんか」

[←先頭へ]

わ行

わん(わん)

広辞苑を斜め読みしていてこういう項目を見つけるとなごむ.

[←先頭へ]

〜ん(ん)

  1. 否定の助動詞.「〜ない」の意.動詞の未然形につく.助動詞と書いたが,変化しないのかもしれない.
  2. 高校のころ,古文の時に,「この「む(ん)」は何の「む(ん)」ですか?」と訊かれ,「否定の「む(ん)」です」というと,「「ん」が否定なのは富山弁だけ」と言われたものだが,どちらかというと,打ち消しの「ず」の変化した形だと思われる.(「ず」→「ぬ」→「ん」)

    というのは,未然形の形が「ない」という助動詞とは微妙に違うからである.よく分かるのは,「する」に続く場合で,「ない」なら「し」という形に付く(「しない」)が,「ん」は「せ」に付く(「せん」)のである.

[←先頭へ]