いるすか

ブログのフィードを取得 | コメント付きフィード
[フィードとは]

Contents

エス・エル・ヴェー[2014/10/31]
スーパーロボット大戦の小部屋.ゲームの感想と二次小説(主にゼンガー).
だんぷとおしれいしょん[2012/8/15]
幻想水滸伝部屋.おもにIII.むしろゲド.
ジョジョは奇妙に冒険[2011/9/26]
『ジョジョの奇妙な冒険』の話題.おもに3部.SFC版RPGのデータ,ファンフィクションなど.
Maigret~運命の修繕人[2009/6/14]
ジョルジュ・シムノンの生んだメグレ警視のシリーズの読書感想文.
SNK SPECIAL[2006/1/2]
90年代後半のSNK社のゲームについて.主にハワードコネクション.ファンフィクションなど.
PC/Web
愛用PCとかフォーマットについて備忘録とか,愛用ソフトとかいろいろ.Winmail Opener日本語言語ファイルやIrfanViewのヘルプファイルの和訳もここ.
二次SS
カテゴリ分けするほど多くないジャンルの二次創作こばなし.Fate/Grand Orderと名探偵コナン.

et al.

Mail Form

ご意見・ご感想をお聞かせください.(誤字脱字・リンク切れ等も教えていただけるとありがたいです)

※refererが通知されるようになっていないと送信されません.



送信前に確認画面になります.

最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by Movable Type Pro 7.1.2

同人誌情報

2019年8月10日

そして私はサムライと衝撃的な出会いをした.

Bugisからの帰りは,遅いし疲れたし電車安いし電車で行こうとMRTの駅へ.そしてホームに降りてみると.

胡散臭い笑顔のサムライがマクドナルドの宣伝をしておる.

ダブルサムライビーフバーガー.分からぬ.どの辺にサムライみを感じればいいのか.

両側こうである.圧が強い.

もしかしてBugisの中国語表記が武吉士だからなのか.謎である.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1645 ]

M1 Prepaid Tourist SIM

これが旅行中に差してたSIM.

標準SIM,micro SIM,nano SIMに対応していて,自分のハードにあった大きさに切り抜きます.

自分の持ち歩いているWi-FiルーターがAtermMR03LNで,公式にはSIMフリーを謳ってないんだけど,シンガポールでプリペイドSIM挿したら使えたという情報がネット上に有り,それがM1だったのです.たぶん,他の通信事業者のを挿しても使えると思うんだけど,動いたという情報がある物の方が安心だと思い,シンガポール観光局のWi-Fi情報を見て,Prepaid Tourist SIMの公式ページに辿り着く.この$12のヤツ,いいじゃん.ちょうど7日いるし!と思って売ってる場所を見たら,少なくともこのページには空港で売ってるのは$30/$50だけに見える.うーんと思いながら,リストにあったChangi Recommendsを検索したところ,ネットでちょっと安くバウチャー売ってたわけです.

で,空港にあったカウンターで受け取って挿してみたところ,勝手に繋がってはくれたんだけど,3Gの表示になる.うーん,日本だとLTEって出るんだけどなあLTEって4Gじゃないの?4Gでは繋がってないの?カウンターお姉さんに設定を訊いてみたりしたけど直らず,しばらく経ったら4Gになったというネット情報もあったのでホテルに移動.しかし,ホテルまで行っても3Gのまま.

しょうがないので,M1ショップに行ってみることにする.一駅お隣のBugisにあるみたいだし,ごはんも食べたいのでポテポテ歩く.歩き出して直ぐ思ったんだけど,夜でも人が談笑しながら歩いてたりして,あまり危険を感じない.

着いた所はショッピングセンターみたいな感じで(後で調べたらブギス・ジャンクションという所だった),もう21時近かったんだけど人がいっぱいいて,この賑わいはなんとなく新宿か渋谷を思わせる.

ショップに入ってお姉さんに「3Gって表示出てるんですけど,何か設定ありますか?日本だと4Gで繋がってるんです」と聞いてみたら,他の店員さんに訊いたり,その人も色々調べたりはしてくれたんだけど,結局のところ,日本と4G方式違っていて繋がらないんじゃないかということだった.お姉さん申し訳なさそうにしてて却って申し訳なかった.まあいいさ,ポケゴできる速度は出てるしな!

追記:旅行中使ってみて,時間帯とか混雑している場所では速度が出ない感じがあった.帯域が混雑してるかどうかによるのかな.基本的にはTwitterとかちょっとした検索ぐらいだったら困る速度ではなかった.

さて,お店がいっぱいあったので,ここでごはんを食べようと近くのファストフード的なnudleを調達する.荷物どうしようかなと隣の人を見てみたら,小ぶりのおしゃれショルダーバッグをポンと机の上に置いてたので,あー,なんか日本と感覚一緒でいいんだなと自分も机の上に置いて遅い夕食を食べた.beaf boat noodle.

食べ終わった後,ゴミ捨てようと思ったら汁の残りを流すような場所が見つからず,訊いてみたら,そのまま汁ごとゴミのバケツ(でっかいプラスチックの)に入れろと言われて,ちょっと驚いた.所変われば品変わる.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1644 ]

V Hotel Lavendar

お宿はラベンダー駅にほぼ直結したV Hotel Lavendarというところ.「シンガポール ひとり旅 ホテル」で検索してたまたま見つけた所で,駅近くてリーズナブルで日本人にも人気とあったので,安全だろうと思って取った所である.土地勘無いから便利な所かは分からなかったんだけど,そこそこ観光地に近いし周りには食べ物のお店が並んでて良い場所でした.

着いた時,人がフロントの両端に集まってるから何が起きているのかと思ったら,システムダウンしててチェックインできない,荷物預けて後から来てほしいということで,しゃーないなー,先にごはん食べるかと荷物の整理をしてからふと顔を上げたら,システム復旧したらしくてチェックイン始まってた.ラッキー.

ただ,ここで大失敗.支払いの時に通貨を選ぶ機械を渡され,なんだろうコレと眺めてる時に,日本人なら円ね,とポンと押されちゃったんだけど,しまったー,これ現地通貨選ばないと損するヤツ~!!!!と気づいたんだけど,traineeって札付けてる人にやり直せって言ったら面倒くさそうだなと結局,そのままにしてしまった.でも,5泊分だから凄く後悔した.(この辺りは,クレジットカードの支払通貨は円と現地通貨どちらを選択するべきか等を参照ください)

ホテルの口コミにいくつか「狭い」と書いてあったから,覚悟してたんだけど,なんだ,広いじゃないか!

ベッドなんて横に寝られそう.この辺の感覚って人によって違うから行ってみないと分からないよね.自分は普段の出張ではキャリーバッグを通すのもぎりぎりなほどの狭いビジネスホテル使ってるもんだから,広く感じる.窓辺の黒い所に荷物置けるし,写ってないけど冷蔵庫と金庫と衣類を掛ける棚もある.

そして,ジャン.

やっぱりあった,handy! 口コミに「スマホがあって部屋でネット検索できました」と書いてる人がいたので,「それは部屋で使う用なのではなくてhandy(ホテル付属のレンタルスマホ)なのでは」と期待してたんだよね(handyについては詳しくはこちら).最初に滞在期間を入力すると,チェックアウトの日には履歴を全部消去するようになってる(手動で自分で消すこともできる).これ,初めて使ったの札幌のホテルだったけど,地図見たりポケモンGOするのに便利なんだ.が,誤算がありまして,まず,このホテルのhandyはポケゴできなかった(この辺りはホテルによって設定がカスタマイズされるらしいし,しょうがない).一番困ったのは,日本語表示にはできるんだけど,日本語キーボードを選べないから打てないんだよね.自分がAndroidの設定分からないからかもしれないけど.しょうがないから,自分のiPodで日本語→英語つづりを調べて,場所の入力してた.

こちら,シャワースペース.

シンガポールのホテルでバスタブ求めると高くつくと聞いて,諦めて足湯で乗り切ることにしてたので,これは覚悟の上で.足湯用にはTAKU バケツ 折りたたみ 足湯バケツを調達して持って行った.洗濯にも使えるし.

ベッドサイドにUSBの充電の口と差し込み口.

変圧器と差し込み変換口持ってったけど,今時,iPodもルーターもほとんど国際対応してるし,ほぼ使わなかったな.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1643 ]

Ez-Linkカード

預けた荷物をピックアップしてロビーに出ると,すぐにChangi Recommendsのカウンターが見つかったので,事前に手配したバウチャーをEz-LinkカードとM1のSIMに交換し,斜め向かいにあった両替所で現金を調達.16日まで居るし足りなくなったら不安だと思って2万円換金したんだけど,これは多すぎた.どこででもクレジットカード使えるから,現金を必死に消費しなければならなかった.クレカのレートの方が良いから,あんまり両替しない方が良いと思います.

これがChangi RecommendsデザインのEz-Linkカード.

シンガポールのMRT,バスなどなどの交通機関に乗るための物で,当然,駅でも調達できる.MRTの改札横のアクリル張りのブースでは現金でしか買えないんだけど,自分が行ったChangi Recommendsでも(事前の手配が無くても)クレジットカードで買えるし,改札横じゃなくて駅の窓口の方に行けばカード払いで調達できる.

自分が入手したEz-Linkカードは5ドル分入ってるけど,さすがに足りないかなあと思って駅の機械で10ドル追加しました.追加はトップアップと言うんだけど,クレカ払いできる.ただし,10ドル単位なので残額考えながら使っていかないと面倒.払い戻しはできるけど,空港まで来て現金増えても困るし.

MRTの駅に移動して,出発.空港から市内へはTanah Melahで乗り換えになる.そんなに混んでないし,手配したホテルのあるラベンダー駅まで30分ぐらいだったので,羽田とかと比べると便利な印象.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1642 ]

シンガポール チャンギ空港へ

富山空港7:10の飛行機だったので,空港で軽く食べてから機内へ.荷物を預けたら,シンガポールまでそのまま運んでくれるらしい.羽田乗り換えだからかな.シンガポールに着いたら空港で両替と手配したSIMとEz-Linkカードのピックアップしなくちゃならないから,夜遅くに着く便じゃなくて現地に17時頃着く便にしたのだ.おかげでちょっと高かったけど,安全と安心は金で買え.うむ.

富山-羽田間は1時間ぐらいしか無いので,食事は出ないのである.ANA使ったんだけど,ANAのコンソメスープが好きなので,飲み物のサービスは他に理由がない限りコンソメスープ.しかし,写真を撮ったら検尿にしか見えなかったので自重する(印象的な旅の一コマになるはずだった).機内で無料wifiがあって,便利な世の中になりましたな.

羽田からの飛行機は11時頃出るので,ちょっと食べておくかなーとフードコートに行ったものの,ちょっとの隙に席が埋まってしまった.ウロウロしてたら、お店の人が一緒に席 探してくれた.ありがとう.天ぷら茶漬け.

で,搭乗時刻を確認せずにごはん食べながらFGOバビロニアのエピソード0を観たりブラブラしてたりしたら,搭乗口に行った時に既に最終のご案内してたのは秘密だ.危ない危ない,のっけから乗り遅れる所だった.

シンガポールまでの飛行時間は6時間ほど.てっきり向かい風なのかと思ったら,追い風と表示が出てた.ここもwifi無料なのかなと思ってたら,こちらは有料だったので,大人しく本読んだり機内チャンネル観たりして過ごす.電車だと窓側が隙なんだけど,飛行機の場合は通路側の席が好きで,なぜかというと長時間フライトの時にちょっと歩いたりするのに便利だから.ただ,まあ,奥の席の人が出ようとするたびにどかないといけないのは面倒ではある.

機内チャンネルは充実してて,なぜか旅番組で富山の紹介してたんだけど,なぜ富山名物としてブラックラーメンを紹介するんだ?「地元の人はこうやって食べます」みたいなの言ってたけど,食べねーよ

そうそう,出国中に出国してました.

英語字幕に興味があって観てたら,「機械に疎いもので」が「I'm not good with technology」になってて,なんかダメさ加減が増してたというか,あんたはいつの時代のどこで暮らしてんだって感じが(笑).

他にもストレッチの番組観てストレッチしたり数独したりしてるうちに,シンガポール到着.

ANAはチャンギ空港にはTerminal 2に着きます.しかし,ここの入国審査が異様に遅いこと.混雑する時間帯だったのか,40分ぐらい掛かった.荷物のピックアップは入国審査の後になります.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1641 ]

2019年8月 8日

シンガポールに行くことにした

今年旅行する気はさらさら無かった.

が,職場での出来事に腹を立て,ムシャクシャしてやった.別に後悔はしていない.というわけで,突如,シンガポールへの飛行機とホテルを手配した.ついでに,その前から決まってた職場の歓迎会は金が無くなったという理由でキャンセルした.

いつもは,何も考えずに行ってホテルでゴロゴロして終わるんだけど,半ば『紺青の拳』の聖地巡礼と化してたので,珍しく真面目に計画立てた.自分で旅程表なんて作ったの,初めてだぜ.

旅程表を作るにあたり,まず,Google Mapのマイマップにいそいそと行きたい所を登録したんだけど,なんだこれ,メモごと印刷できない!思った大きさで出力できない!MRTの位置が分かる大きさにならないと持ってて意味ないんだけどなあ.これには落胆した.しょうが無いのでマーカーの色を変えて分かるようにして半分ずつ拡大させていったん印刷してから,自分でマーカーの所に場所の名前を手書きするというたいへんアナログな作業をしてました.これやんないと,回る順番決められないもんだから.夜行きたい場所もあるので,滞在期間と地図をにらめっこしながら旅程表を作る.

事前準備は他には下記の通り.

海外旅行保険
最初に海外旅行に行った時に使って依頼,調べるの面倒くさいのもあって新・海外旅行保険【off!(オフ)】使ってる.
Ez-Linkカード
シンガポールの電車(MRT)用の非接触カード.5ドルはカード代として取られるから帰ってこないし使えない.最初,1日券とか買おうかなと思ってたんだけど,シンガポールの電車料金が異様に安くて,日に10回ぐらい乗らないとペイしないと判明したので,カード代払ってもez-inkカードの方が安そうだなとこっちにした.Changi Recommendsのサイトで事前にバウチャー買っておくと1ドル安かったので,手配した.5ドル分が既に入っているのが9ドル.ただ,後でMRTの窓口で買うと12ドルで7ドル分使えると知ったので,現地行ってから買っても良かったなと思った.(みみっちい話ではあるが).ちなみに,Changi Recommendsは知らないサイトだったんだけど,チャンギ空港に窓口あるようなので信じられそうだなと思って利用.
M1 Prepaid Tourist SIM
ネット環境要るなと思って,SIMをこれまたChangi Recommendsで事前購入.12ドルが9.65ドルだったので.なぜM1にしたかというと,自分の持っているモバイルルーターで動いたという情報があったからです.
14% OFF ジュロンバードパークシンガポール 入場Eチケット (トラム乗車付き)
14% OFF シンガポール・フライヤー&ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
絶対に行くと思ったアトラクションをVoyaginというところで事前購入.Voyaginも知らないサイトだったんだけど,楽天系列なので,大丈夫であろうと.

準備にあたり,シンガポール政府観光局のページとか各所の公式ページとかをざらざらと読んでおいた.

まるで順調に準備が進んだみたいに書いたけど,ホテルの予約した段階で,不正利用を疑われてクレジットカードが止まって焦った.今,AIで撥ねてるらしくて,いつも日本でしか使われてないカードが突如海外サイトでまとまった額使われたから止まったらしい.途中から予約とかできなくなってカード会社に電話してみてやっと分かった.止めるのは安全のためだから有り難いけど,止めたら確認の電話ぐらいくれたら良いのに.解除のついでに旅程と行き先を伝えてカードの制限をちょっと緩くしてもらった.旅行中に止まったら一大事だから,今度から海外旅行の際は事前に連絡するのが吉だなあ.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1640 ]

2019年7月16日

常時SSL化

先月サイトを常時SSL化した時の備忘録.


さくらインターネットには共有SSLが利用可能で,これ自体は同人誌の自家通販ページを作った時に有効化してあった.(参考:さくらのサポート情報>【共有SSL】設定方法

ただ,その時はサイト全体で使おうとしたらトップページからしておかしくなる部分が多くて,全体をSSL化することは諦めたのだ.

今回,なんとなく興が乗ったので,SSL化.

ネックはMovable Typeで構築している部分だったので,情報収集した.

参考にしたのは,以下のサイト.

自分の場合は,mt-config.cgiのCGIPathを修正

Movable Typeの公開パスは最初なぜかグレーアウトして変更できなかったんだけど,弄ってる内になぜか修正できるようになったのでどうにかhttps://に変更.「アーカイブパスをサイトパスとは別のパスで公開」してたのに,うっかりそっちを弄らなかったので填まっちゃったのは秘密だ.

それから,記事内で絶対パスで書いちゃったimg要素のsrc属性を一括置換.ついでに,外部リンクも対応してるところはhttps://に直しておきました.

そして,難航したのがテンプレート.ついでに内部リンクを相対パス化しようとしたら填まった.最初はグローバル・モディファイアregex_replaceを使ってみたんだけど,なぜかne.jpの後の/が2つになってしまう.悩んでいたら,Movable TypeでHTML内の絶対URLを相対URLにする方法(プラグイン未使用)(TEXST.NET)でMTForタグとreplaceを使う方法を発見したので,真似しました.なお,カテゴリーごとの一覧ページは親カテゴリーか子カテゴリーかで階層が変わるのでMTHasNoParentCategoryで場合分け.(階層が2個しか無いからできる技だ)

これで表示はどうにかなったので,htaccessにhttpsへのリダイレクト設定を書き込んで終了.

いや~,SSL導入から数年経ってしまったけど,すっきり.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1639 ]

2019年7月14日

ザ・ファブル

予告では「誰も殺さずに囚われた女性を助ける殺し屋の話」っぽかったから,コメディかなと思って観に行ったら、冒頭のファブルの能力紹介?の場面とか,周りの人間が遠慮無く殺しまくるもんだから,初っ端から最後まで血みどろで、ヒェー,失敗したーと思いながら見る羽目に.

ただ,コメディはコメディらしく,自信満々で「普通」を演じるアキラがちっとも普通でなくて笑う.自分,岡田准一さんを映画で見るのはたぶん『散り椿』の後,2回目なんだけど,身体がっちりしてて格好いいね.『散り椿』とは違いすぎてて,役者さんとはすごいものだなあ.

あと,「妹」のヨウコも格好いいし可愛いし,あからさまなぶりっこ口調とか馬鹿にしてる感じがぬけてなくてニヤニヤしてしまった.

救助中の,「なんで俺もやねーん」のとこ吹き出してたんだけど,観客は分かってるから笑うけど,あら恐怖以外の何者でもないな.悲鳴上げるのも分かるわ(笑).

小島は海老原だけは嘘無く慕ってたから,切なかったな.

アキラの飼ってる鳥さんって名前あるのかなあ.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1637 ]

トイ・ストーリー4

トイ・ストーリーは3で終わりだと思ってたから,予告見た時,「へ?」と思いつつ,でも嬉しいなあと思いながら公開を待ってた.

相変わらず,どんどん場面が展開して,面白かった.

フォーキーは卑下して「ゴミ」と言ってるわけじゃなくて,「おもちゃ」という存在がよく分からないのと,「ゴミ」であることが居心地が良いらしい.すぐにゴミ箱に入りたがるのでウッディが苦労する,苦労する(笑).

バズがいっとうお気に入りなんだけど,バズは相変わらず素直でズレてて楽しい.「内なる声」を聞きまくるの楽しいんだけど,でも,その解釈は結局のところ,彼のやりたいことをベースにしてて,いい奴だった.

ウッディがフォーキーに「バズに伝えてくれ」と伝言頼むところ,やっぱりウッディはバズを一番信頼してるんだなと思った.あと,バズが「彼女は大丈夫だ」をもう一度固有名詞を入れて言い直すシーンは,バズはウッディのこと大切に思ってるんだなあと思えて,やっぱりこの2人のコンビは良い.

予告の時から,ギャビー・ギャビーとその従者?が怖いんだけど,最強に切ないシーンあって泣いたわ.

エンディングのNG集あるかなと思ったけど、今回は無かった.

これからも元気に生きていってほしいなあ.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1636 ]

Movable Type 7にアップグレード

更新と言っても,使っているMovable Typeのバージョンを7に上げただけなんですが.

だいぶ前に更新来てたのは知ってたんだけど,しばらくほぼtwitterとpixivに棲息してて放置してました.今回,重い腰を上げたのは,突然,コナン熱(と言うより京極さん熱かも知れない)来て舞い戻ってきたせいで,そうなるとサイトを数年放置してたもんだから,スマホに対応してないわ,全頁ページSSL化の波が来てるわとやることが多く.

そして,Movable Typeで記事書こうとしたら,記事作成ページのテキストエリアが折り返さないという症状がぶり返してた.前はEntryTextareaBrakerプラグインを導入したら直ったのに,今回は入れてみても効かず.それで縋る思いでMT7に変更したのです.

そしたら,直ってた!快適!

正直,この記事は試し書きです.

いやあ,使ってたplug-inとかもずいぶん変わってしまって,本体に機能が付いたので要らなくなった物や,バージョンアップされてた物,10年以上更新されて無くて使えるかどうか分からないけど祈りながら更新した物とかいろいろでした.

だいぶ画面が変わってるけど,そのうち慣れるかな.

2019.7.17追記:アップグレードの際にユーザー名が全て小文字になるようで,ログインできなくなってアカウントロックされて焦った.しょうがなくパスワード再設定の操作をしたら,届いたメールにユーザー名が書いてあって気がついた.インストール後に「メンバー」メニューから修正することで,大文字小文字混じったユーザー名にすることは可能.

トラックバックURI [ https://irusuka.sakura.ne.jp/mt/nuct.cgi/1635 ]
Powered by Movable Type Pro 7.1.2